eラーニング、LMS(学習管理システム)、高度IT人材ならiStudy

eラーニング、LMS(学習管理システム)、高度IT人材ならiStudy

ブロックチェーン・エンジニア養成コース Basic

コース基本情報
ブロックチェーン・エンジニア養成コース Basic

コースID H0965061
コース名 ブロックチェーン・エンジニア養成コース Basic
コース目標 この講義の修了時にできるようになること ・ブロックチェーンの仕組みの理解 ・独自でブロックチェーンを使った開発の要件定義が可能 ・様々な業界のユースケースを理解 ・ブロックチェーン業界の未来を理解
受講対象

・ブロックチェーンの初歩を理解しており、次のステージに進みたい方

・ブロックチェーンの簡単な本は読んでおり、より実例が知りたい方

・ブロックチェーン・エンジニアリングを始める前に知識詰めとして

前提知識

・ブロックチェーンに関する入門書読了の知識レベル

・当社のeラーニング

「ブロックチェーンの基礎知識(仮想通貨、NEM、イーサリアム、ビットコイン)」または

「ブロックチェーン・ビジネス活用コース」の学習済の方

ライセンス期間 180日間
価格(税別) ¥90000
学習タイプ eラーニング
学習方法 WEB
学習時間 12時間

学習内容の詳細

コース概要

本コースは、ブロックチェーン開発スタートアップであるStake Technologies株式会社、およびブロックチェーンのニュースメディア展開やビジネスインキュベーションを行っている株式会社LONGHASHと共同開発したコースです。Bitcoin、Ethereumの基礎、先進事例だけでなく、ブロックチェーン業界のリーダーが本腰を入れて開発し、今後関心が高まっていく新しいブロックチェーンプラットフォームやプロトコルなど先進技術領域についても先取りして学べる内容となっています。

Stake Technologies(ステイクテクノロジーズ)は、世界的なブロックチェーン財団であるWeb3 Foundationが金銭・技術的支援をする世界で22社のうちの一社として選出され(2019年7月3日時点)、現在のWeb2の先にある分散型のウェブ(Web3)の構築を実現させるべくプロトコルの研究開発を行なうブロックチェーン企業です。

LONGHASHは、ブロックチェーン技術の開発と実用化の推進を図るプラットフォームとして2018年2月に創業、最初の拠点を東京に設立しました。その後、世界9カ国でブロックチェーンプロジェクトを支援する施設を展開しています。

講師紹介

Stake Technologies CEO 渡邉 創太 

東京大学大学院工学部ブロックチェーン寄付講座共同研究員。2017年シリコンバレーに渡航、現地のブロックチェーンスタートアップChronicledに就職、1年間働いた後、起業。ブロックチェーンが切り開く次世代のWebであるWeb3が主な関心。

コースの特徴

先端の技術動向をカバー

ブロックチェーンを新しく作るためのソフトウェアであるsubstrateや、Web3 Foundationが開発を率いているプロトコルpolkadotなど、グローバルで開発が進んでいる先端の技術動向をカバー。日本にいながら、しかもオンラインでいつでも、世界のブロックチェーンの動きをキャッチアップすることが可能です。

ブロックチェーントップランナーによる学習サポート

ブロックチェーン業界で日々先進技術と向き合っている講師が皆さまの受講をサポート。技術的なことや、コース学習で生じたもっと知りたいことなどの質問にお答えします。

eラーニングとライブセッションのブレンディットラーニング

ブロックチェーンの基礎技術やビジネス事例はeラーニングで効率良く学習可能です。また、ライブセッションも開催。ブロックチェーン業界の動向や、ブロックチェーンに関連する仕事、その他旬な情報をご提供します。ご参加できない方は、収録したビデオをご覧いただけます。(※ライブセッションの開催は不定期です。)

学習項目

1.ブロックチェーンがなぜ重要なのか?

2.Bitcoinの基礎

3.Bitcoinの先進事例とユースケース

4.Ethereumの基礎

5.Ethereumの先進事例とユースケース

6.第3世代ブロックチェーン比較

7.業界別のユースケース

8.ブロックチェーンの未来予測と開発の手引

ご注意・ご連絡事項

<動作環境>

OS:Windows 7/8/10

Webブラウザ:IE11(推奨),10/Microsoft Edge/Google Chrome/Safari(iPadのみ)

モニタ:1280x768以上の解像度

先頭へ戻る