e-learning、オラクル研修、LMS(学習管理システム)のiStudy

e-learning、オラクル研修、LMS(学習管理システム)のiStudy

iStudy forコンプライアンスIT資産管理入門(管理者向け)

コース基本情報
iStudy forコンプライアンスIT資産管理入門(管理者向け)

コースID H0825031
コース名 iStudy forコンプライアンスIT資産管理入門(管理者向け)
コース目標 企業において「IT資産管理における個人の役割と責任」、また、昨今の社会情勢や国際基準なども含め理解する。
受講対象

IT資産管理者

前提知識

特に必要ありません。

ライセンス期間 90日間
価格(税別) ¥3,500
学習タイプ E-Learning
学習方法 WEB
学習時間 1時間

学習内容の詳細

コース概要

IT資産管理の成功には、全社的な取り組みが不可欠です。IT部門に任せきりにするのではなく、経営者の理解の元、IT部門が中心となって「財務部門」、「契約部門」、「人事部門」、そして「ユーザ部門」の理解と協力による部門横断的な協力体制を実現しなくてはいけません。

本教材は、「ユーザ部門」を対象に「IT資産管理における個人の役割と責任」に焦点をあて、企業内において従業員が行わなければならないことをわかりやすく学習できる eラーニング教材です。

従業員教育の重要性
ソフトウェア資産管理(SAM)の国際標準であるISO 19770-1のプロセスの中には「要員の教育」というプロセスが含まれています。ソフトウェアを実際に業務で利用する従業員はすべてこの「要員」の定義にあてはまりますので、従業員教育はコンプライアンス対応にとって、とても重要な要素であると言えるでしょう。実際、「従業員教育」を行っているか、いないかでは、コンプライアンス取締機関の評価が大きく異なります。必要な従業員教育によって、IT資産管理、ソフトウェア資産管理、コンプライアンス対応といった組織全体で取り組むべき課題に対しての姿勢が評価されるといっていいでしょう。

学習項目

・なぜIT資産管理が必要なのでしょうか?
・企業にとってIT資産管理は必須
・IT資産管理と関連標準および法規
・なぜIT資産管理プログラムか?
 コスト削減、セキュリティ、コンプライアンス(法令順守)、契約管理、IT財務管理、サービスモデル、クラウドサービスへの対応
・IT資産管理における個人の役割と責任(体制と方針および規程)
・IT資産管理プログラムの運用が正しく行われない場合の影響
・組織横断的な協力が必要なIT資産ライフサイクル管理プロセス
 ユーザ事業部門、個人、法務部門、財務部門それぞれが守るべきプロセス
・ソフトウェア資産とは?
 ソフトウェア資産、著作権侵害のリスク 等

ご注意・ご連絡事項

ご購入前に、トライアル版で表示確認を行ってください。

<動作環境>
OS:Windows Vista/7/8
ブラウザ:IE11/ Chrome/ Firefox
モニタ:1024×768以上の解像度
必要ソフト:Adobe Flash Player 最新版

資料請求・無料体験に関するお問い合わせ

03-5773-5735

受付時間 9:00〜18:00(土日祝日除く)

Webサイトからのお問い合わせ

もしくは

先頭へ戻る