e-learning、オラクル研修、LMS(学習管理システム)のiStudy

e-learning、オラクル研修、LMS(学習管理システム)のiStudy

Java EE 6 アプリケーション開発 【eKit】

コース基本情報
Java EE 6 アプリケーション開発 【eKit】

コースID S52025
コース名 Java EE 6 アプリケーション開発 【eKit】
受講日数 5日間
前提知識

必要とされる前提コースまたは前提知識:

・HTMLとCSSの使用経験
・リレーショナル・データベースとSQLの基礎知識
・IDEの使用経験
・Javaプログラミング言語の使用経験
・Java SE 7 プログラミング II

推奨される前提コースまたは前提知識:

・Java SE 7: Develop Rich Client Applications

受講対象

・Java 開発者

価格(税別) ¥357,000
学習タイプ 講義+実習
学習方法 社外研修

学習内容の詳細

コース概要

このコースでは、Java Platform, Enterprise Edition 6 Webプロファイルに準拠したエンタープライズ・アプリケーションの作成およびデプロイについて学習します。このコースで説明されるテクノロジには、アノテーション、セッション EJB 、Java Persistence API (JPA)、サーブレット、JavaServer Pages (JSP)、JavaServer Faces (JSF)、CDIおよびBean Validationが含まれます。主に、JSFテクノロジを使用した、デスクトップとモバイルのWebブラウザからアクセス可能なWebアプリケーションの開発について説明しています。

受講者は、エンドツーエンドのアプリケーションを構築する演習を通して実践的な学習を行います。受講者は、主にJSF Faceletページを使用したWebベースのユーザー・インタフェースを作成します。デスクトップおよびモバイルに対応したのWebベース・ユーザー・インタフェースを開発します。ユーザーの入力は、Bean Validation APIを使用して検証され、データはJPAを使用して永続化されます。演習では、アプリケーションのパフォーマンスを拡張するためにコンテナ管理のトランザクション、およびデータ・キャッシュを使用するセッションEJBコンポーネントについて確認します。受講者は、同時にアプリケーションをアプリケーション・サーバー(Java EEプラットフォームの実行時環境)にデプロイする方法を学習します。

コース目標

・ロギングの使用
・Java EE Webプロファイルの使用
・EJBアプリケーションの開発と実行
・JPAによるデータベース・アクセス
・JSFを使用したWebベースのユーザ・インタフェース開発
・CDIを使用するアプリケーション開発
・IDEおよびアプリケーション・サーバーを使用した開発
・モバイルWebアプリケーションの作成
・Bean Validationによるデータの検証
・セキュアなエンタープライズアプリケーションの開発

ご注意・ご連絡事項

【キャンセルポリシー】
日程変更・キャンセル料は下記の通りです。
1.コース開始日の7営業日前まで : 無料
2.コース開始日の6営業日前から2営業日前 : 受講料の50%
3.eKitダウンロード後又は、コース開始日の1営業日以降 : 受講料の100%

【お申込みに関して】
1.コース開始日の10日前にお申し込みの受付を締め切らせていただきます。以降はお問合せ下さい。
2.コース定員に達した場合、申し込みをお受けできない場合がございます。
3.開催中止の場合、開催5営業日前までにご連絡します。

【その他】
1.本コースはeKit対応コースとなります。eKitに関する詳細は日本オラクル社ホームページをご参照ください。
2.お客様(ご受講者)の個人情報はお申し込みいただいた研修サービスを提供する目的でのみ、日本オラクル、米国オラクル及びその子会社・関連会社並びに研修サービスを提供する弊社認定会場が利用いたします。
3.本コースは、遠隔地開催(サテライト)にて実施する場合があります。
サテライト会場での受講になるかの確認方法は、会場名に“クラウド開催”と記載しておりますので、必ずご確認の上、お申込み下さい。

資料請求・無料体験に関するお問い合わせ

03-5773-5735

受付時間 9:00〜18:00(土日祝日除く)

Webサイトからのお問い合わせ

もしくは

先頭へ戻る