e-learning、オラクル研修、LMS(学習管理システム)のiStudy

e-learning、オラクル研修、LMS(学習管理システム)のiStudy

Oracle Database 12c: Clusterware 管理【eKit】

コース基本情報
Oracle Database 12c: Clusterware 管理【eKit】

コースID S51718
コース名 Oracle Database 12c: Clusterware 管理【eKit】
受講日数 4日間
前提知識

次のコースを受講または同等の知識を有すること。
・Oracle Grid Infrastructure 11g R2: クラスタ&ASM管理 【eKit】
・Oracle Database 11g R2: RAC管理 【eKit】

受講対象

・管理者
・データベース管理者

価格(税別) ¥356,800
学習タイプ 講義+実習
学習方法 社外研修

学習内容の詳細

コース概要

このコースでは、クラスタの一般的な概念およびOracle Clusterwareアーキテクチャについて演習を通して学習することができます。

・Grid Infrastructureのインストール前タスクの実行
・標準クラスタおよびフレックス・クラスタの両方のインストール
・クラスタに対するノードの追加および削除、既存のGridホームのアップグレードおよびパッチ適用
・標準クラスタおよびポリシー管理クラスタの両方の管理
・Oracle Clusterwareを使用したアプリケーションの高可用性の実現

Oracle Clusterwareを使用してアプリケーションの高可用性を実現する方法を学習することで、
標準クラスタおよびフレックス・クラスタの両方のインストール、構成、管理およびトラブルシューティングができるようになります。
さらに、クラスタウェア環境のアップグレードおよびパッチ適用のスキルを高めることができます。

コース目標

・フレックス・クラスタへのリーフ・ノードおよびハブ・ノードの追加
・ASMディスク・グループの構成
・クラスタからのノードの削除
・クラスタ・ハードウェアのベスト・プラクティスの説明
・クラスタウェア・アーキテクチャの説明
・Oracle Clusterwareアーキテクチャの説明
・クラスタの原理と目的の説明
・標準クラスタおよびフレックス・クラスタ用のGrid Infrastructureのインストール
・フレックス・クラスタのインストールおよび構成
・様々な種類のwhat-ifコマンド評価の実行
・クラスタを拡張するために必要なステップの実行
・フレックス・クラスタのアーキテクチャおよびコンポーネントの理解
・フレックス・クラスタ内のノード障害の影響の理解
・What-Ifコマンド評価の範囲および機能の理解
・インストールの検証

資料請求・無料体験に関するお問い合わせ

03-5773-5735

受付時間 9:00〜18:00(土日祝日除く)

Webサイトからのお問い合わせ

もしくは

先頭へ戻る