e-learning、オラクル研修、LMS(学習管理システム)のiStudy

e-learning、オラクル研修、LMS(学習管理システム)のiStudy

Oracle Database 12c 新機能(凝縮) 【eKit】

通常の5日間と同内容を、時間拡大の3日間でマスター!

データベース・クラウドを実現するOracle Database 12cの全貌を徹底解説!

データベース・クラウドを実現するOracle Database 12cの全貌を徹底解説!

コース基本情報
Oracle Database 12c 新機能(凝縮) 【eKit】

コースID S51706
コース名 Oracle Database 12c 新機能(凝縮) 【eKit】
受講日数 3日間
前提知識

次のコースを受講または同等の知識を有すること。
・Oracle Database 11gに関する十分な理解

受講対象

・データベース管理者
・システム管理者

価格(税別) ¥357,000
学習タイプ 講義+実習
学習方法 社外研修

学習内容の詳細

コース概要

通常の5日間と同内容を、時間拡大の3日間でマスター!

データベース・クラウドを実現するOracle Database 12cの全貌を徹底解説!
『Oracle Database 12c: 新機能』コースでは、Oracle Database 12cの新機能およびさらに強化された機能について学習します。
データベース技術に造詣が深く、豊富な経験を持つ講師から、Oracle Database 12cによって管理性、セキュリティ、およびパフォーマンスが向上する仕組みを学習します。

コース目標

・コンテナ・データベースおよびプラガブル・データベースの作成、管理および監視
・データファイルのオンライン操作の管理、ヒート・マップと自動データ最適化によるデータのライフサイクル管理、および行アーカイブまたは一時的な有効性と一時履歴を使用したデータのアーカイブ
・統合監査証跡の設定
・SYSBACKUP、SYSDG、SYSKMなどの新しい権限の理解、および権限分析の管理
・データ・リダクション・マスキング・ポリシーを作成および管理
・強化されたリソース・マネージャによるコンテナ・データベースおよびプラガブル・データベース内のリソースの管理
・DB操作、リアルタイムADDMおよび期間比較ADDMによるデータベース・パフォーマンスの管理
・スキーマ変更計画を使用した2つのデータベースの比較、および環境間での変更の伝播
・データ比較による異なる環境間でのデータの比較
・適応実行計画、SQL計画ディレクティブおよび統計の機能拡張を使用したSQLパフォーマンス・チューニング
・Recovery Managerの機能拡張
・Oracle Data Pumpの新機能およびSQL*Loaderのエクスプレス・モードの確認
・パーティションの移動、圧縮およびその他のDDL操作時におけるオンライン操作
・部分グローバル・パーティション索引の使用
・拡張データ型列、SQLの行制限句など、SQLの新しい拡張についての理解

ご注意・ご連絡事項

【キャンセルポリシー】
日程変更・キャンセル料は下記の通りです。
1.コース開始日の7営業日前まで : 無料
2.コース開始日の6営業日前から2営業日前 : 受講料の50%
3.eKitダウンロード後又は、コース開始日の1営業日以降 : 受講料の100%

【お申込みに関して】
1.コース開始日の10日前にお申し込みの受付を締め切らせていただきます。以降はお問合せ下さい。
2.コース定員に達した場合、申し込みをお受けできない場合がございます。
3.開催中止の場合、開催5営業日前までにご連絡します。

【その他】
1.本コースはeKit対応コースとなります。eKitに関する詳細は日本オラクル社ホームページをご参照ください。
2.お客様(ご受講者)の個人情報はお申し込みいただいた研修サービスを提供する目的でのみ、日本オラクル、米国オラクル及びその子会社・関連会社並びに研修サービスを提供する弊社認定会場が利用いたします。
3.本コースは、遠隔地開催(サテライト)にて実施する場合があります。
サテライト会場での受講になるかの確認方法は、会場名に“クラウド開催”と記載しておりますので、必ずご確認の上、お申込み下さい。

資料請求・無料体験に関するお問い合わせ

03-5773-5735

受付時間 9:00〜18:00(土日祝日除く)

Webサイトからのお問い合わせ

もしくは

先頭へ戻る