aa

eラーニング、LMS(学習管理システム)、高度IT人材ならiStudy

eラーニング、LMS(学習管理システム)、高度IT人材ならiStudy

アンケートの意外な利用シーン

2020.03.02

初めまして、LMS事業本部 技術部の星野です。

eラーニング基盤となる LMS(LearningManagementSystem)パッケージの技術全般を担当しています。

弊社のLMSでは、PowerPoint、Excelから簡単に「eラーニング教材」として生まれ変わります。

「eラーニング教材」は、大別すると3種のカテゴリーに分かれます。
 1. 知識を習得するための「学習」教材
 2. 習得を確認するための「テスト」教材
 3. 受講感想をヒアリングするための「アンケート」教材

今回は、上記の「アンケート」教材について、お話をさせていただきます。

アンケートというと、受講感想調査や、動向調査など、分析情報を取得するものと思いがちなのですが、
実際にお客様とお話していくうちに、もっと多くの現場で活躍していることに、気づきました。
以下「なるほど!目からうろこ!」と感じたお客様の利用ケースを紹介します。

 1) 守るべき規範を理解していることを確認していく
             ・セキュリティ心得などは、テストにするほどのこともなく、心得を確認するだけでいいのです。 
     「送り主のわからないメールに添付されたファイルは開かないようにしていますか?」
                  〇はい
                  〇いいえ
             ⇒答えは、「「はい」に決まっていますね。でも、問いかけることに意味があり、注意喚起をしていきます。
             作り手は、社内規範をExcelに転機して、教材に変換するだけですので、ほとんど手間はかかりません。

 2) 同意書への署名の代行手段にする
           ・アンケートには、画像が添付できますので、同意書のファイルを添付して、その内容への確認をチェックしてもらう
     「以下の文書を確認してください。確認しましたか?」
                ☐確認しました
             ⇒ほぼ、チェックして頂くとは思いますが、ご本人しかチェックできないものに、チェックしたことが証跡として残ります。

 3) 新商品パッケージの決定に、社内の声を参考にする
    ・アンケートに、新商品パッケージの画像を添付して、どちらが良いか、親しみを感じるかの声を集める
    ⇒回答するユーザは、見て感じたままを選択して頂くだけで、簡単に社内の声が集まります。

  アンケート管理機能で、回答の有無は一目で管理できますし、回答されていない方には、督促メールを自動配信する設定も可能です。
  簡単に教材を作成できることから、「人材育成」以外のシーンでも、お役に立てる事と思います。
  是非、一度体験して頂けますと、幸いです。

先頭へ戻る