eラーニング、LMS(学習管理システム)、高度IT人材ならiStudy

eラーニング、LMS(学習管理システム)、高度IT人材ならiStudy

サポート業務に関して

2020.01.10

皆さん、明けましておめでとうございます。本年もアイスタディを宜しくお願い致します。
新年最初の投稿はサポート部の中沢が担当します。


今回はLMSのサポート業務に関してお伝えしようと思います。
サポート業務とは主に運用保守のことを指します。

運用保守とは
お客様がより快適にシステムをご利用できる状態を提供することを言います。


質問対応
始めに一般的なサポートのイメージ通り、電話やメールでエンドユーザとやり取りして、
操作方法などの疑問を解決することがよくあります。
特に弊社が提供しているLMSは機能がたくさんあり、カスタマイズの自由度がとても高いです。

機能の例としては
・権限を付与してアクセス制御
・豊富なレポート出力
・細やかな設定が可能な学習コース
・etc

これらの機能、全ての人に対して適したマニュアルを作成することは実質不可能です。
ゆえに質問内容は多岐にわたります。

質問の例としては
・権限が複雑すぎて該当ユーザが操作できない
・新しいレポート出力がしたい(要相談)
・etc
質問内容を一つ一つ精査し、回答していきます。
またこのような問い合わせ内容を参考にマニュアルを作成することも業務の一つです。



次に弊社サポートではサーバの監視業務があります。

お客様のシステムが稼働しているサーバの健康状態を日々確認し、安全に活動していることを監視しています。

監視内容
専用の監視ソフトを使ったCPU、ディスク、メモリの使用率の監視
セキュリティソフトを使った監視

このようなサーバやLinuxなどの専門知識が必要な業務も行っております。

簡単ですが、サポートの仕事を紹介させていただきました。
少しでもサポートチームの仕事を知って頂ければ幸いです。

以上、ありがとうございました。

先頭へ戻る